土湯温泉
土湯温泉のご予約はこちらから
HOME

サイトマップ
「土湯温泉観光協会」へのお問い合せはこちら>>
mail

トップページに戻る
土湯ゆの里浪漫
さえざえとした北の空。
山々は綿々と連なり稜線がくっきり走る。
この雄景のなかにひときわ空を突く二つの秀峰が見える。
吾妻山と安達太良山。
土湯は、この山あいから分けいでる清流荒川の渓谷にあります。
土湯に息づく文化

土湯こけし

土湯温泉は日本でも有数のこけしの里です。
雪深い土地で湯治客も少なかった頃に、一つ一つに想いを込めて作られていたこけし。
そんな「土湯こけし」には、遠い昔からの土湯の歴史と風土と人のこころが込められています。
柔和で優しく温かい表情のこけしに、どうぞじっくりと触れてみて下さい。


土湯こけし工人名鑑
詳細
土湯こけしの伝統を守りながら、日々創作に励むこけし工人たちの人となりをご紹介します。



土湯と短歌

江戸時代に詠まれた「土湯八景」の和歌に親しみ、 土湯温泉の自然と文化の豊かさを再発見し、 癒しの里づくりの資とする。 また、歌を愛する人々の相互の作歌力の向上と親睦を 深めることを目的として、土湯では短歌祭を開催しています。

土湯温泉 短歌祭
詳細


土湯と俳句

江戸末期から明治初期にかけて、全国的に俳句が盛んであったが、 土湯でも旅館や商店の旦那方を中心に俳句が盛んでした。 あまりに盛んだったため、その俳句同人を”土湯連”と称されるほどでした。 土湯の街の中を流れる荒川に船を浮かべ、芸者さんを傍らに、風流に俳句を 詠んで楽しんだといわれています。
そんな土湯の文化とも思われる俳句を、 土湯に訪れた人々に楽しんでもらおうと、土湯では、俳句大賞を実施しています。

土湯温泉 俳句大賞
詳細