土湯温泉
土湯温泉のご予約はこちらから
HOME

サイトマップ
「土湯温泉観光協会」へのお問い合せはこちら>>
mail

トップページに戻る
土湯ゆの里浪漫
さえざえとした北の空。
山々は綿々と連なり稜線がくっきり走る。
この雄景のなかにひときわ空を突く二つの秀峰が見える。
吾妻山と安達太良山。
土湯は、この山あいから分けいでる清流荒川の渓谷にあります。
土湯の自然の恵み


土湯の桜
土湯街道の桜並木
【土湯街道の桜並木】
土湯街道の桜並木

毎年4月中旬から下旬までが見頃です。
昭和7年、土湯と福島間の道路が開通した記念に、土湯出入りの商人たちが植えたといわれています。吉野桜と山桜が美しく咲き乱れます。
(畜産試験場前)

荒川左岸の桜
【荒川左岸の桜】
.
荒川左岸の桜

毎年4月下旬あたりが見頃です。
荒川の岸に道路ができた時、杉ノ下町内の住人たちが桜が見たいと、昭和31年に自分たちの手で植えたものです。
川面に優雅な姿を映します。
 
太子堂のシダレ桜
【太子堂のシダレ桜】
.
太子堂のシダレ桜

毎年4月下旬から5月上旬までが見頃です。
樹齢500年といわれ、県の緑の文化財に指定されています。



水芭蕉
土湯温泉には、3か所の水芭蕉の群生地があり、毎年4月初旬より5月中旬まで、見頃の場所を移しながら、皆さんの目を楽しませます。

仁田沼の水芭蕉
【仁田沼の水芭蕉】
仁田沼の水芭蕉

毎年4月中旬から4月下旬までが見頃です。その数10万株ともいわれています。 温泉街より車で10分、さらに歩いて20分くらいです。
尾瀬に行くような重装備は必要ありませんが、スニーカー等を履いてくる必要があります。

びっき沼の水芭蕉

毎年4月上旬から中旬までが見頃です。国道115号沿いで気軽に見ることができます。

土湯峠の遊歩道の水芭蕉

毎年5月上旬から中旬までが見頃です。1周40分の遊歩道です。
土湯峠の水芭蕉
【土湯峠の水芭蕉】


土湯のつつじ
つつじ山公園のつつじ

毎年5月中旬あたりが見頃です。
女沼へ向かう途中の小高い丘は、昔からつつじの群生地として知られていました。 その丘を整備したのがつつじ山公園。山一面に咲く姿は見事です。
つつじ山公園のつつじ
【つつじ山公園のつつじ】

土湯のヒメサユリ
堤ヶ平のヒメサユリ
【堤ヶ平のヒメサユリ】
堤ヶ平のヒメサユリ

毎年5月下旬から6月上旬までが見頃です。
別名乙女百合。土湯の住民が協力して植栽しました。 日本一のヒメサユリの里づくりをめざしています。 淡紅色の花が一面の咲く景色は感動ものです。

  ハイキング気分で…

男沼(おぬま) 女沼(めぬま)

土湯温泉から徒歩約60分。
山津波で生まれた高原の2つの沼です。 男沼から仁田沼を抜けて女沼を結ぶルートは、遊歩道が整備され、新緑や紅葉の季節にはハイキングに訪れる人があとを絶ちません。

女沼
【女沼(めぬま)】
思いの滝
【思いの滝】
思いの滝

会津城落城の際の若武者と姫の悲恋にまつわる伝説が残る滝。
二筋の滝が折り重なって一筋の滝となっており、周囲の緑と美しいコントラストを見せながら、たえることなく朗々と流れ続けています。

つつじ山

女沼の入り口にある小高い丘には、昔から野生のつつじが群生していました。 その丘を整備し、大きく花咲けるようにしたのがつつじ山です。 山全体が淡いピンク色に覆われます。また眼下に広がる女沼の眺望もすばらしいです。

つつじ山
【つつじ山】